自己紹介

自分の写真
横浜市, Japan
プロテスタントのクリスチャン。夫とは教会で知り合いました。子どもは長男・長女の二人。そして犬一匹のクリスチャン・ホーム。

2011年11月29日火曜日

大掃除完了!!


日曜日からアドベントに入りましたね。
それと同時に、教会は大掃除をしました。
ん?でも、一体何故?
毎年年末にしていたのですが、今年は大掃除の日を獲得できそうもなく、どうしようかと考えて1ヶ月早く「プレ・大掃除」を行いました。
「プレ」なので、年末にはもう一度簡単に掃除を予定していますが、 礼拝後、早めのお昼を食べ、それぞれが担当している場所を一斉に掃除しました。



私は「秘密基地」の愛称で呼ばれている会堂の後ろにあり、階段の下にあたる荷物入れの担当でした。
そこはイスがあり、音楽用の機材あり、子供用のプールにテントにバーベキューグリル、クリスマス用の電飾、そして会堂に張ったカーペットの残り、非常用のペットボトル数箱、寝袋10セットetc。。。。そうですよ、どこへ置いたらいいのかわからない物や、一時的に置いた物などが入っていた所ですから、大変でした。
でも、手伝いに数名入っていただき、予定の1時間でなんとか掃除が終わり、とってもきれいになりました。
写真を撮ってくればよかったです。。。
床にはあまったカーペットを敷いたので、誰でも寝泊まりも可能となりましたよ。(ジョーダンですけど)

いままでは荷物があり過ぎてこどもが遊ぶ空間もなかったので、誰も遊ぶことのなかった秘密基地ですが、来週から、またこどもたちが遊ぶかもしれませんね。
秘密基地の再開です!!

2011年11月17日木曜日

子育ては親育て

長男は14歳。 長女は12歳。

どちらも段々と難しい年代に突入しています。

基本的には素直な子どもたちですが、親が与える仕事に対しての責任感がまだ育っていません。
「責任感を育てるために与えている仕事。」
それは、家族の中で「共同生活」をするために一人ひとりが担うべきもので、共に生きる者同士が協力していい家庭環境を作り上げて行く。。。家の中での学びが将来社会に出て行く時に必要な学びへと繋がる訳です。

我が家ではそれぞれにできるであろうと思って与えている「仕事」のひとつに「トイレ掃除」があります。
月曜日は長女。水曜日は私。金曜日は長男。
しかし、この決めた通りには絶対やらないのが子どもたちです。
その日やらないと翌日にやるのですが、またやらなければその翌日にと、とにかく本人がやるまで次の人に順番は回りません。

親は子どもたちがやるまで声をかけ続けます。
正直、嫌になりますが親の責任として声をかけ続けます。
毎日「今日、やりなさい」と言い続けます。
それでも子どもたちはやりませんから、戦いな訳です。
 身近にある仕事を責任を持ってやることのできる人間にする。。。。 それが将来大人になったときにできるか、できないかはとても大きな差を生む事へと繋がります。
ですから、たかが「トイレ掃除」と思うかもしれませんが、我が家では「されどトイレ掃除」と言うほど大切な仕事なのです。

子どもたちに「トイレ掃除」をさせるもう一つの理由があります。
誰もが嫌がる「トイレ掃除」、できれば避けたいことでしょう。
でも人が嫌がることをする必要が社会にはあることを学ぶ、大切な時間なのです。

我が家では人のやりたくないこと、嫌がることをやることで自分が損をしたと感じるのではなく、他の人に喜んでもらえる、それ以上に神様が喜んでくださるということを学んでほしい。。。。。そういう教育のために「トイレ掃除」をさせています。 大人になってから「人のために動く」ことを学ぶのは大変なことです。
「若いときの苦労は買ってでもしろ」 と聞きますが、子育てをしてその意味を実感しています。
「子育て」とは人が本当の大人(親)になるための「親育て」でもあると言えるのではないでしょうか。

2011年11月14日月曜日

やったぁ!!

 
ちょっと画像が汚いのですが、先日子どもたちの学校で学園祭があり、その出し物のひとつだった「暗唱聖句」で合格した人たちに渡されたメダルの写真です。

私、学生時代には一度も表彰されたり、メダルやトロフィーをいただくことなんて経験したことのない人間でしたから、人生初の表彰にちょっと嬉しかったです。

メダルの裏にはちゃんと「第○回 学園祭/暗唱聖句 詩編103編/2011年11月12日○○学園」と刻印されていました。
今更ですが、学生時代にもっとやっておけば良かったと思います。
かなり遅い反省ですが。。。。

ということで、今日はちょっと「自慢」をさせていただきました。

2011年11月7日月曜日

芸術の秋

芸術の秋です。


教会員で「版画」を描いておられる年配の方がいらっしゃり、その方が今度「ハマ展」に作品を出されるそうです。
写真で作品をいくつか見せていただいた時、色がとても美しかったので、是非本物を見せてくださいとお願いしたところ、上記の展覧会を教えてくださいました。

http://hamaten.jp

詳しくは上記のサイトでどうぞ。
過去の受賞作品も見ることができました。

何かを表現するって楽しいですよね。
みなさんも芸術の秋、心の余裕を作っていろいろな芸術を見に行かれてみてはいかがでしょう?

2011年11月3日木曜日

最後のピアノの発表会


習い事をしていると「発表会」は付きものです。
娘(小6)は4歳からピアノをずっと習っています。
今日は横浜山手にある「イギリス館」で発表会があり、行ってきました。


写真が下手なので、ステキには見えないですが、1937年イギリス領事館として建てられた建築物です。コンクリート製なのでホールはとてもいい響きで、下手なピアノもとても上手に聴こえました。(失礼)








娘は生徒の中で最年長でした。
それが嫌だ嫌だと言っていましたが、確かに周囲は習い事をはじめてまだ年数が浅いらしく「発表会!!」というスタイルでばっちり決めた親子ばかりでしたから、娘は少々浮いた存在でしたね。
(写真は娘が弾いた時のものです。一人学校の制服だったので地味でした。)








我が家にとっては今回が最後の「発表会」の予定です。 
娘は「私にはクラシックはむかないよ」と自覚があるようです。
一応「小学校の6年間はやろうとね」という私との約束を果たしたので、次ぎに彼女がやりたいことをサポートしていくことにしました。
でも、最後にステキな場所で「発表会」をできたのは、いい思い出になりそうですね。

イギリス館 玄関の飾り

2011年11月1日火曜日

もう、11月です。

ひゃ〜〜〜、もう11月ですよぉぉぉ。

今年もあと2ヶ月だなんて。

クリスマスですよ。忙しい時期に入りました。

クリスチャンになってから、本当のクリスマスを過ごすのは嬉しいのですが、毎年なんだかんだと忙しくて、ゆっくりしたという記憶がないのが事実です。

しかも。。。。今年はなんと12月24日が土曜日で、25日が日曜日。

こんなベストな年はそう来ません。

やることは既にたくさんあるのですが。。。。。いつものごとく、出だしが遅い私です。

きっと、このブログの更新も忙しくなると少なくなるんだろうな。
と、今からこんな消極的なことを書いてはいけませんね。

喜びの日までしっかり更新いたしましょう!!