自己紹介

自分の写真
横浜市, Japan
プロテスタントのクリスチャン。夫とは教会で知り合いました。子どもは長男・長女の二人。そして犬一匹のクリスチャン・ホーム。

2011年9月30日金曜日

温かい贈り物


 被災地へボランティアに行った3人の姉妹が、それぞれファミリーキャンプと9月25日の主日礼拝で証しをしてくださいました。
その中で「これから被災地は冬に向かいます。ある老婦人が冬服があまりないので不安ですと言っておられました。その人に温かい服やマフラーなどを送って上げたい」と語られ、その想いに私たちは動かされ、編み物が得意(でない人も)な人たちでマフラーや羽織るものを編んで、被災地の方々に送ることにしました。

そこで、私も多少なりとも編めるということで、参加することにしました。

過去に夫のセーター、子どもの服や小物を作ったりしたこともあるので、マフラーならと昨日からまずは家にある毛糸を引っ張りだして編み始めました。

しかし。。。。手元にあった毛糸はどれも中途半端にしか残っておらず、量があるものは地味な色で、男性向きなマフラーぐらいしか編めそうになく。。。。

今日は学校の授業があり、また夜は保護者の会ありと、時間がないので明日おしゃれに編めそうな毛糸の買い出しへ行こうと思います。

2011年9月25日日曜日

行ってらっしゃい!!

今日はJOYチャペル独立記念礼拝でした。
その特別礼拝のメッセンジャーに、佐藤 浩牧師が立ってくださいました。
カムサムニダ!!

佐藤牧師は共に青年時代を過ごした信仰の友でもあり、JOYチャペルが初めて送り出した献身者でもあります。
外見は、身体も大きく、ごつい顔。
何だか怖そうに見えるのですが、外見とは全く逆の性格の人物で、笑うとかわいい顔になり、話し好きで、やさしくて、子どもにメチャメチャ好かれる人なのです。

JOYチャペルでメッセージをしたのは4〜5年前だったでしょうか。
まだ神学生の時だったと思います。
あれから神戸井川キリスト教会へ赴任され、4年半牧師として働かれました。
その間、牧師としてきっと多くの試練の中を歩まれたのでしょう。
今日のメッセージには、以前聞いた時に感じた内容の難しさは無く、ストレートに人の罪とイエス様の救いの話しをされ、感動と共に牧師としての成長を感じさせていただきました。

佐藤牧師ご夫妻は、今月で神戸井川キリスト教会を辞任されます。
次の赴任地は岩手県遠野です。
そこは日本バプテスト連盟が災害支援センターを設立した所で、そのセンターのチャプレンとして派遣されることとなったのです。

そのいきさつの詳しい内容はお話にはなりませんでした。
でも、メッセージの中で何度も「救われていない人がたくさんおられる」と語っていました。そこに、全てがあるのだと感じました。

本当に外見とは全く違い、やさしさにあふれた人です。
私とは全く違い、人に対する愛情にあふれた人です。

ご夫妻の新しいお働きが、主の御手の中で進められますことを心よりお祈りしています。
主ある元気をもって、行ってらっしゃい!!







礼拝直後、しもべ会メンバーと神山伝道師、そして石田牧師による祝福の祈りをお二人は受けられました。
その時の写真JOYチャペルのサイトから借りました。(コマオ〜〜〜)

2011年9月20日火曜日

2011年ファミリーキャンプ 〜ヨルダン川を渡るヨシュアの世代たち〜

9月18日〜19日と、毎年恒例の「JOYチャペル ファミリーキャンプ」へ行ってきました。
場所もいつもと同じ御殿場にある「国立中央青年の家」でした。
富士の裾野にあるにも関わらず、毎年まともに見ることのなかった富士山が、今年は雲がかからず、とても大きな姿をしっかりと見ることができました。
富士山好きな夫は、今年のキャンプに仕事で参加できなかったので、さぞかし残念に思ったことでしょう。
夜は星がたくさん見られましたし、自然をしっかりと感じることのできたキャンプでした。

そして、毎年「賛美」と言えばSukkahの奉仕でしたが、今年からは若者たちが引き受け、ノリノリの賛美を披露してくれたのです。
「世代交代」はしっかりと進んでいます。感謝です。

我が息子と娘も、ダンスに賛美を披露しました。
息子の動きは夫の動きそのまま。
かた〜〜い身体で踊り、ぎこちないダンスでした。
(なんでそういう所が似るのですかね?)

1日目の夜に行われる交わりの時も、1部は若者のノリノリ賛美に、ダンスと、楽しい企画で始まり、2部はまた今までにない企画で、牧師夫人の半生とJOYチャペルの歴史を、朗読とスライド、ガールズによる光のパフォーマンスで見せてくれました。
この企画は今年初参加にも関わらず、キャンプ委員に選ばれてしまったM姉によるもので、それは素晴らしい作品でした。

M姉はこのサイトでも彼女のブログを紹介していますが、ゴスペルグループのリーダー的存在で、すばらしいアーティストです。
舞台慣れしている彼女、朗読をしたのですが、素敵でしたよ。

ということで、私はな〜〜〜んにも出番のないキャンプなんて初めてでした。
礼拝で借りた教室も、楽器使用がダメということで、みんなでアカペラの賛美を2曲。
それはリードをしましたが、それだけでした。
ゆっくり食事もできたし、普段あまり話すことのない人たちとお話もできたし、本当にゆっくりできたキャンプでした。
キャンプ以外も、これからは世代交代をし、礼拝も少しずつ若者に譲って行こうと思っています。

若者が喜んでいる姿に、彼らの成長をしっかりと見ることのできたキャンプ。
感謝です。
今日の詩編93編で「主は王となり、威光の衣をまとわれます」とありますが、
「一日一章」の筆者、榎本保郎先生は「この箇所は王のことばは命令であり、私たちは王なるイエスのことばには従わなければならない。いかなる都合であっても言い逃れ、理由立て、文句はいっさいゆるされないのである。私たちが生まれてきたことも、今ここに生きていることも、明日生きて行くことも、みな権威と力の主、神の赦しの中にあることを覚え、ひたすら主のみ言葉に従って行く者でありたい」と記されています。

私も、長い間賛美の奉仕や、前に出ていろいろな奉仕をしてきましたが、もうそろそろ神様から「後ろに下がる準備を始めなさい」と言われている気がします。
それは神様からの命令ですから、今まで私が歩んできた道のりや、功績は全く意味を必要とはせず、ただ、私が賛美をすることで主の栄光が表されたその事実があれば私の成すべきことは終わりなのです。
モーセが神様から「ヨルダン川を渡る必要はない」そう語られ、身を引いたように、私も「必要がない」と言わればその命令に従うのみなのです。

次の世代「ヨシュアの世代」たちがヨルダン川を渡る姿を私に見せていただけるよう、祈りの課題が増えました!!

2011年9月14日水曜日

詩編87:6〜7

詩編87編 6、7節

6:いと高き神ご自身がこれを固く定められる。
主は諸国民の民を数え、書き記される
この都で生まれた者、と。
7:歌う者も踊る者も共に言う
「わたしの源はすべてあなたの中にある」と。

Psalms 87:6~7
6: The Lord will write a list of the peoples and include them all as citizens of Jerusalem.
7: They dance and sing, "In Zion is the source of all our blessings."

사편 체87:6~7
6: 여호외께서  민족들을  등록하실  때에는  그 수를세시며  이 사람이  거기서
    났다  하시리로다 (셀라)
7: 노래히는 자와 뛰어 노는 자들이 말하기를
    나의모든 근윈이 네게 있다 하리로다

記憶力の活性化

歳が増すにつれ、記憶力が衰えてきます。

40代半ばですが、最近特に衰えを感じます。

忘れ物なんて域ではなく、物事を記憶できなくなってくるのです。怖いですね。

テレビだったか、記憶力を訓練するには得意とすることばかりしないで、苦手とすることをするのも良いと言っていました。

たとえば、本を読むのも好きなジャンルばかりを読んでいると、脳がそれに慣れてしまいあまり動かなくなるそうです。
ホ〜〜〜〜。

なので、全く読んだことのないジャンルに手を出してみる、数行しか進まないこともあるでしょうが、それって脳が一生懸命考えようと働くので、活性化されるそうです。

ということもあって、子どもたちの夏休みをきっかけに、自分の脳を鍛えようと韓国語に挑戦したのであります。

はじめはあの文字も「?????」の世界でした。
しかも、覚えられるのだろうかと全く自身がなかったのですが。。。。。
韓国語の先生は、韓国人の年配の女性です。日本へはご主人が宣教師として派遣されるために一緒に10年以上前に来日された方です。
なのでクリスチャンということもあって安心して、そして本当に格安で勉強させていただいています。감사함니다(カムサハムニダ:感謝します)

그러너(クロナ:しかし)!!お勉強は甘くはありません。
しっかりと次回までに覚えなくてはならないものや、宿題がバッチリ出されます。
ですから必死に勉強をしています。

いったい、いつ頃使い物になるかはあまりにも先が見えていない状態ですが、とにかく訳のわからない世界に奮闘していることが、脳の活性化に繋がっていると信じ、日々トライしているのであります!!

2011年9月13日火曜日

ダイエット

ずっと、できなかったダイエット。

私、お酒が好きなんです。

で、寝る前に飲むじゃないですか。コップ一杯くらい。
飲むと食欲が半端なくパワーアップするんですよ。
それで、飲むより食べる方に重点が置かれてしまって。。。

そうやって増やしていった体の蓄えは、気が付いてみればかなりまずいことになっていました。オットッケ〜!
鏡は全身を映すものなんて品物は我が家にはないので(それもまずいですよ)、たま〜〜〜に自分が写っている写真なんか見たら。。。。「この見たことのないおばさんは誰?」って感じに見えるんですよね。
でも、ダイエットなんてできませんでした。だって、食べなくてもとにかく太るんですから。
どういうこと? 雪だるまのように、丸いものが3つという身体であります。


でも、最近痩せました。(自分ではそう思っているだけだったりして)お酒、飲まなくなったんです。
そうすると、食欲もパワーアップせず、無駄なカロリーを摂取することなく、自然に痩せました。

お酒好きのみなさ〜ん、ダイエットするなら、お酒をまず止めてみて下さい。
それだけで痩せますよ!!

2011年9月12日月曜日

引っ越ししようかな、と思ったけど。

ブログ、引っ越ししようかと思いましたが、ここで続けることにしました。

別のところへ行って、トライしてみましたが、やり方を覚えるのが面倒になり結局ここで続けることがベストだと思い、引っ越しはやめました。

くだらない内容があると思います。

クリスチャンなのに、そんなこと考えてるの?と思われることも多々あると思います。

でも、神様は「そのままでいいんだよ」と語られます。

クリスチャンこそ、表裏のないそのままで生きることが、救いの証しではないでしょうか。

「こんな私でも、神様は必要と思っていてくださっている」
日々生きていく中で、そう感じます。

ということで、これからもここで私を証ししていきます。


2011年9月6日火曜日

詩編79

詩編79:13
わたしたちはあなたの民
あなたに養われる羊の群れ。
とこしえに、あなたに感謝をささげ
代々に、あなたの栄誉を語り伝えます。


Psalms 79:13
Then we,  your people,  the sheep of your flock, will thank you forever
and praise you for all time to came.



시편 체79편
우리는 주의 백성이요
주의 목장의 양이니 
우리는 영원히 주께 감사하며 
주의 영여를  대대에 전하이다

ハングルに挑戦してから、何故か英語がとても簡単に感じます。
不思議ですね。。。。

毎日ハングルの単語を覚えようと必死です。
夢までハングルの時があります。(信じられない! //믿을 수 없다!)
頭の中がゴチャゴチャになってます。

2011年9月2日金曜日

2学期スタート!!

長かった夏休みも終わりました。
今日から2学期の始まりです。
朝からお弁当作りに、洗濯、ゴミ出し、朝食作り・・・・また忙しい毎日になります。
なんせ、1ヶ月半もダラダラと過ごしたのですから、これからのことを考えると恐ろしい気がします。
なまってますね〜〜〜。

Psalm 76:3  He has his home in Jerusalem;
                    he lives on Mount Zion.

           76:4  There he broke the arrows of the enemy,
                    their shields and swords, yes, all their weapons.

           76:12  Give the Lord your God what you promised him;
                      bring gifts to him, all you nearby nations.
                      God makes everyone fear him;
           76:13  he humbles proud princes and terrifies great kings.


詩編76:3〜4、12〜13
神の幕屋はエルサレムにあり、神の宮はシオンの山にある。
そこにおいて、神は弓と火の矢を砕き、楯と剣を、そして戦いを砕かれる。

あなたたちの神、主に誓いを立て、それを果たせ。
取り囲むすべての民は恐るべき方に貢ぎ物をもたらすがよい。
地の王たちの畏れる方は、支配者の霊をも断たれるであろう。


시편 제76: 2~3, 11~12
그의 장막은 살렘에 있음이여 그의 처소는 시은 에 있도다
거기에서 그가 하살과 방펴와 칼과 전쟁을 없이하셨도다 (셀라)

너히는 여호와 너히 히나닝께 서원허고 갚으라예을 그릴지다
그가 고괸들이 기를 꺾으시리니 그는 세상의 왕들에게 두려움이시로다