自己紹介

自分の写真
横浜市, Japan
プロテスタントのクリスチャン。夫とは教会で知り合いました。子どもは長男・長女の二人。そして犬一匹のクリスチャン・ホーム。

2011年5月9日月曜日

決心

昨日は、渡辺暢雄牧師による礼拝メッセージでした。

渡辺先生は私にとって、命の恩人なる方であります。

というのも、私が20歳のとき、前に所属していた教会で特別伝道集会の講師としてメッセージを語られ、ちょうどその日に集会へ出席した私が、クリスチャンになる決心へ導いてくださったのが、渡辺先生でした。

あれから25年。

本人にとっても25年前に渡辺先生のメッセージを聞かなければ、今の私がなかったと思って何とも感慨深い礼拝でしたが、意外にも?夫が「妻が渡辺先生のメッセージで救われなければ、今の私たちは結婚しなかったし、子どもたちも生まれることがなかったかと思うと、感謝です。」と礼拝後のスモールグループの時に語ったそうで、私はちょっとうれしい思いでした。

私たち夫婦は今年で15年目を迎えました。
いろいろありましたが、最近そのいろいろも神様によって乗り越えさせていただき、導かれているんだなと実感させていただいています。

25年前の決心。
それは、今の幸せに導かれるための大きな一歩だったことを、確信しました。

2011年5月4日水曜日

成長

今日と明日、教会で小学生から大学生の子どもたちと一緒に、賛美の奉仕者としてのミーティングと勉強会を兼ねた「Praise Camp」に参加しました。

20歳の頃から賛美の奉仕を始め、もう25年になります。
始めは友達と一緒にいるのが楽しかったからだったけど、今は続けさせていただく中でたくさんの恵みと、賛美を続けるのに必要な友達を神様が与えてくださり、その中で成長させていただいたことを実感しました。

そして、今は次の世代の子どもたちが、成長しつつあります。

本当に素晴らしいことです。
これは、人の思いと人の努力によって成されることではありません。
神の介入なくしては、見ることのできない現実です。

神様が彼らに期待をしていることを私たちは祈っています。

神の愛の中で、子どもたちの成長を見られる私は、なんて幸せ者なんだろうと感謝でいっぱいです。