自己紹介

自分の写真
横浜市, Japan
プロテスタントのクリスチャン。夫とは教会で知り合いました。子どもは長男・長女の二人。そして犬一匹のクリスチャン・ホーム。

2011年1月31日月曜日

決断

人の人生には何度か「決断」を迫られるときがあります。
それは、日々の中心のどこかに「いつかは決めなければならないときが来る」と予想しながらも、それを避けながら生き、そしてついに決断しなければならないときがくる場合と、予想だにしなかったことが突然襲ってきて、決断しなければならない場合とがある気がします。

私の場合、どちらも経験していますが、先日この二通りの決断を迫られた時には、何とも言いがたい境地に陥りました。

しかし、そこはクリスチャンであります。
ただ悩むばかりだったり、逃げるばかりでは先に進めません。
祈りとみことばの導きを土台にして、決断しました。

一つは、もう逃げるのはやめ、しっかりと問題に目を向けて対処できる力を与えていただく決断。
もう一つは、与えられた仕事をやりこなす能力を持っているとは思えない私ですが、選ばれたのなら神さまが必ず力を与えてくださると信じ、そこに立ってみようと決断でした。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」(マタイによる福音書11章28〜30節)



イエスさまはそう、語っておられますから。

2011年1月17日月曜日

レポート提出

10月から半年間、神学校の教会音楽概論の聴講生をしています。

授業は毎週火曜日。私は通信生なので、神学校のサイトから授業が終わった次の日からですが、聴講できます。

授業に出席しませんので、そのかわりなのですが、毎回レポートを書いて提出しなければならず、その他にも宿題のレポートがあり、結構忙しい日々です。

でも、大変な中にもやり遂げると達成感に満たされ、内容の出来具合は大したことないのですが、それでもやり遂げた嬉しさはひとしおです。

今日は朝からやる気になっていたので、たまっていたレポートを5枚ほど書き上げました。

もうすぐ40代も半ばに突入します。でも、がんばっていますよ。

2011年1月14日金曜日

役者魂

役者とは凄い仕事であります。

ただいま「篤姫」鑑賞がマイブームとなっていますが、主役の宮﨑あおいさんの演技力に驚かされたのはもちろんのこと、後半に出て来る徳川家茂の妻となる和宮さんを演じている堀北真希さんには本当に驚きました。

ずっとかわいい人だな〜〜と思っていましたが、和宮さんのイメージにあまりにはまっていて、初めは誰が演じているのか全くわかりませんでした。
何分、眉毛が。。。
(眉毛が違うと全くわからないものなんですね。)
枯れんな女優さんの割には、時々観る作品では豪快な役が多いなとは思っていましたが、和宮さんなんて弱々しい姫役があまりにもハマリ過ぎていて、本当に役者とはすごい仕事ですね。

でも、NHKの時代劇ってやっぱり一番ですね。
豪華絢爛で、着ている着物も美しく、着物を着てみたくなりました。
うんうん。

さて、大老・井伊直弼役の中村梅雀さん、さすが歌舞伎の役者さんです。
過去に観た大河ドラマでは杉良太郎さんが演じていて、その井伊直弼は重厚な赴きがあって「安政の大獄」を成し遂げた大老役にピッタリで、そのイメージがあったのですが、いやいや中村梅雀さんの演じた大老役もなかなかのもの。
どちらも、恐ろしい意気込みなる政に身を投じた大老役にピッタリであります。

しかし役者とは、何故あのように涙を流せるのでありましょうか?
役者って本当に凄い。
「篤姫」では、多くの役者魂を見せてもらっています。

2011年1月13日木曜日

流感と歴史の関係?

昨日、娘がインフルエンザにかかりました。
毎年、予防接種をしているのですが、やはり体力の問題なのか毎年かかります。

昨年は兄妹そろってかかっていましたが、息子の方は体力も付いたのか、今の所はかかっていません。
彼は私の身長を越し、身体は私よりも大きくなりました。
男の子はあっという間に大きくなってしまいますね。嬉しいやら、寂しいやら。
でも、中身は相変わらず「甘えん坊」です。

ということで、今週はどこへも外出できそうもないので、家にこもっております。
昨年以来、すっかり「時代もの」にはまっていますので、最近の流行は「NHKオンデマンド」というネットで既に放送された作品を見ることができるので、大河ドラマをしっかりと鑑賞しています。
私が「坂本龍馬」ファンとなり、高知まで連れて行ったからか、息子も龍馬と高知が大好きとなり今では「僕は英語も話せるようになりたいけど、高知弁も話せるようになりたい」と言っているほどのビッグファンになりました。

今年は高知までは行くことはできないでしょうが、歴史を学んでどこかまた歴史を辿った旅をしてみたいものです。

2011年1月1日土曜日

Happy New Year!

おめでとうございます!

2011年、開幕です!!

今年は。。。ま、例年のごとく、主と共に歩む一年となることでしょう。

そして、このブログで神様の恵みを証しできる一年となりますように。